膠原病アトラス

アクセスカウンタ

zoom RSS 壊死性筋膜炎

<<   作成日時 : 2006/11/10 12:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

膠原病と感染症の臨床を切り離すことはできません。
つまり膠原病患者の症状が悪くなった時に、それが
膠原病によるものか、感染症によるものかを鑑別
しなければいけません。

関節リウマチ患者の感染症で多いのは、
肺、皮膚と関節の感染症です。

写真は、関節リウマチ患者に発症した
大腸菌による壊死性筋膜炎のレントゲン写真です。
左下腿〜大腿に著明なガス像を認めます。
理学所見としては、皮膚に蜂窩織炎所見を欠き、触診での握雪感が特徴的です。


画像


画像


左側腹部〜側胸部には皮下気腫を認めます。

画像


画像


CTでは、左大腿皮下と筋層内にガス像を認めます、
左大腿の腫脹が著明です。


画像


急性の経過をたどり、すぐに(本症例では1日以内に)敗血症性ショックを来します。
治療法は病変の外科的切除と抗菌薬投与ですが、
本例のような重症例では予後不良です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
壊死性筋膜炎 膠原病アトラス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる