膠原病アトラス

アクセスカウンタ

zoom RSS 関節所見とレントゲンの見方

<<   作成日時 : 2007/09/27 12:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Rheumatologyのbasic skillsである”関節所見とレントゲンの見方”を
勉強するためにお勧めの教科書は、
”内科医のためのリウマチ・膠原病診療ビジュアルテキスト”
(上野 征夫著、医学書院)です。

この中で、骨レントゲンの読影について
SABCで説明されています。

S:soft tissue・・・腫脹
A:alighment・・・亜脱臼、尺側偏位など
B:bone・・・骨粗鬆、びらん、嚢胞、骨硬化など
C:cartilage・・・関節裂隙の狭小化


画像


関節所見とレントゲンを充分に見比べることが重要だと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
関節所見とレントゲンの見方 膠原病アトラス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる