炎症とは、からだを守るために、からだの一部が熱を持ち、赤くはれたり痛んだりすること

この書籍は、Web上に公開されているようです。 http://www.kokken.go.jp/byoin/ 私がいつも苦労していた”炎症”についての説明は、 ”からだを守るために、からだの一部が熱を持ち、赤くはれたり痛んだりすること” と簡潔に説明してあります。 皆さんの診療の一助に。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

第4回コロッケ会症例検討会総会は2008年10月4日(土)15時から

第4回コロッケ会症例検討会総会は2008年10月4日(土)15時から開催予定です。 特別講演に、沖縄県立中部病院総合内科の尾原 晴雄先生をお招きします。 テーマは、”医師のキャリアとメンタリング -研修プログラムの+αの部分-” 会場は今村病院分院隣のローソンのあるビルの5階大会議室です。 皆さま奮ってご参加くだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結核性脊椎炎

数年来の腰痛を主訴に外来受診した中年女性。 T11~L1にかけて椎体前部の破壊(骨髄炎)と椎間板腔の狭小化(椎間板炎)を認めます。 結核性脊椎炎は、骨関節結核の60%を占めて、脊椎カリエスやPott病とも呼ばれます。 好発部位は、本患者さんのように胸腰椎移行部です。 結核をみたら、必ずHIV検査を行いまし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Black hairy tongue

昔、コロッケ会で勉強しました。 抗菌薬内服後のBlack hairy tongue 菌交代現象による口腔内細菌叢の変化が原因と考えられています。 この画像は、患者さんから医学教育目的の使用許可を得ております。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第五回リウマチ膠原病フォーラム@聖路加国際病院

聖路加国際病院で開催された、第五回リウマチ膠原病フォーラムに参加しました。 まずは尊敬する上野 征夫先生が、”リウマチ症状を呈した血液疾患”という話をされました。 その中でATLに合併したsynovitisの症例提示がありました。 HTLV-1のendemic areaが故郷である私にとっては、非常にinspireされ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関節リウマチ  腱滑膜炎

関節リウマチの患者さんに認めた、右手指屈筋の腱滑膜炎。 痛みのために右手指伸展が困難でした。 先日これについて上野 征夫先生に尋ねたら、珍しいねとおっしゃっていました。 この画像は医学教育目的の使用について患者さんの承諾を得ております。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Baker's cyst

関節リウマチ患者さんに認めたBaker's cyst 膝の後ろに位置する半膜様筋滑液包は膝関節と交通しているため、膝関節に滑液が貯留してくると、ポンプ作用で後ろの滑液包内に流れ込み、膝の後ろの腫れとなって現れます。 参考文献:内科医のためのリウマチ・膠原病診療ビジュアルテキスト
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鼻水が出たら・・・

アナフィラキシーの既往のある患者さんが、エピペンの処方希望で来院されました。 前回アナフィラキシーを起こしたときは、とても鼻水が出たとのこと。 先日、聖路加国際病院の岡田正人先生が、 ”アナフィラキシーで鼻水が出たらエピペンをうつタイミングだ” とおっしゃっていたことを思い出しました。 アナフィラキシーで鼻水が出た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レイノー現象 その弐

前回と同じ患者さんの別の日のレイノー現象。 50歳以上の人にレイノー現象が出現した場合、paraneoplastic syndromeである可能性に注意すべきです。 これらの画像は、医学教育目的の使用について患者さんの承諾を得ております。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レイノー現象 その壱

高齢の男性患者さん。診察前の精神的ストレスに誘発されたレイノー現象。 レイノー現象は正式には、白→紫(チアノーゼ)→赤の3色の変化ですが、今回提示する画像のように、チアノーゼのレイノー現象にお目にかかった記憶があまりありません。 これらの画像は、医学教育目的使用について患者さんの承…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コミュニケーションスキル/患者満足訓練コース

この週末アキバで開催された、第10回コミュニケーションスキル/患者満足訓練コースに参加してきました。 このコースの目玉は、模擬患者さんを模擬診察(12分間)して、その様子をビデオに記録し、診察直後にビデオを見ながらファシリテーターと模擬患者さんからフィードバックを受けることです。 異なるシナリオの4人の模擬患者さんを診察しま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関節炎と感染症@若手医師セミナー

昨夜の若手医師セミナーで、岸本 暢将先生と青木 眞先生のlectureを受けました。 リウマチ医を目指すものとして、感染性関節炎にもっと注意を払うべきだと感じました。 私なりにポイントをまとめると、 ・RAの初発関節の90%はPIP、MCP関節。 ・下肢優位、entesopathy→血清反応陰性脊椎関節症 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

第四回リウマチ膠原病フォーラム@聖路加国際病院  その弐

続きの臨床の真珠は、 ・Saddle nose + 気道狭窄の鑑別診断:RP, WG ・Neurorheumatology ・神経ベーチェット病の症状:片麻痺、尿失禁、性格変化 ・MRI:T2+ADCマップ=DWI   ADCでhigh:神経ベーチェット       low:虚血 ・原因不明の関節炎では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more